作業ルール

仕事流れ

お客様と納期、需要について話し合い、専門社員が図面を慎重に検討し、加工工程を確認し、加工の詳細を表示して生産者に警告することを検討した。

加工作業者は図面に基づいて加工条件パラメータと適切な加工工具を選択して、図面の要求寸法を完成した後、当該部門で自主検査量測定をしてから、問題なく品質管理者に再検査確認をさせて、品質管理者が間違いなく確認した後、初めて部品を次の部門に渡して次の段階の加工を続ける。

最終製品が製品管理部に届けられると、製品管理者は図面の要求に従って、検査用部品の寸法の最終測定を行い、図面の必要な寸法に応じてもう1部の書面検査報告書を作成して、梱包して出荷を準備して、お客さんの指定した納品日に正確に配達する。